基材表面の凹凸をポリシラザンで埋めることにより付着物質を乗せ難く処理しやすくさせる効果を発揮。
 
 
 
 


ポリシラザンの本来保持している硬度は非常に高いが、地下と成る物質に密着性が強い為素材によって左右される。
但し、ポリシラザンの濃度を上げることにより補うことも可能。

(※ポリシラザンは硬度表示として鉛筆硬度9Hと記入されておりますが、これは単純に9Hの鉛筆で擦った場合の傷の具合で計測した値です。)